MAS監査

MAS監査

MAS監査

夢先案内人式 相談役とは

夢先案内人のMAS監査「夢先案内人式 相談役」は、中小企業の経営者・幹部社員の皆様と経営課題を共有し、解決する経営支援サービスです。

サービス名は、社長の経営の悩みを一緒に解決する相談役になりたいという想いに由来しています。
母体の会計事務所のノウハウを活かした「経理・財務・経営戦略」を軸にサポートします。

経営の悩みといっても、その会社の現在のステージ・業種・規模によって様々です。
ある程度の組織であれば、幹部の方と課題や悩みを共有できるかもしれません。
しかし、中小企業の多くの経営者の方と接していると社長お一人で悩みを抱えていることが多いと感じます。
そんな時に社長に寄り添い、目標へ到達できるようにサポートしていくのが「夢先案内人式相談役(MAS監査)」です。

夢先案内人の経営理念「中小企業の夢先案内人として明るい未来の想像を支援します」「地域の中小企業を元気にする」を実現すべく中小企業の社長を応援していきます。

MAS監査の概要は MAS監査とは? のページで詳しく紹介しています。

パートさん1人分の給料から始める経営改善

「夢先案内人式 相談役(MAS監査)」ではパートさん1人分の給料(費用)から始める経営改善をコンセプトとしています。(※夢先案内人ではパートさん1人分の給料を10万円/月と想定しています。)

パートさん1人分の給料である理由

通常、経営コンサルタントへ依頼すると毎月数十万円の費用がかかることも珍しくありません。
多くの中小企業にとって、経営コンサルタントへ支払う数十万円の費用は大きな出費となります。
夢先案内人では、企業にかかる負担をなるべく減らしたいと考えこのコンセプトにしました。
夢先案内人という経営コンサルタントがあなたの会社の相談役となります。

なぜMAS監査が必要なのか?

中小企業の経営者は多くは、経営の悩みを抱えていますが、どう行動すべきかわからないこともあるでしょう。
やらなければいけないと思いながら1か月、また1か月と延び延びにしている経営の悩みもあるのではないでしょうか?

経営者の誰もが5年後、10年後にはこんな会社になっていたい。
ご自身がこうなっていたいという目標はお持ちだと思います。
今、その目標へ順調に進んでいますか?
MAS監査は経営者の目標を実現するための経営支援サービスです。

夢先案内人のMAS監査への想いは、 MASとの出会い・MASへの想い ページで紹介しています。

夢先案内人式 相談役の特徴

原則月1回、2時間程度の訪問またはオンライン会議で進捗確認や状況確認をさせていただきます。
質問や相談は電話やチャットワークなどで随時コミュニケーションをとっていきます。

コーチング型経営支援

夢先案内人はコーチング型の経営支援にこだわります。
一般的な経営コンサルティングは、コンサルタントが経営環境を把握した上で、解決策を経営者に直接与えるものです。

一方、コーチングとは、質問や対話を通じて経営者自ら解決策を見い出せるよう導くコミュニケーション技法です。
夢先案内人ではこのコーチングによる経営支援で、経営者自らが最善の解決策を見い出し、成果を出す喜びや達成感を感じていただきたいと考えています。

専門家だからできる財務を軸としたマネジメント

経営の成果は最終的に数字に表れます。
数字を的確に分析することで、経営課題は浮き彫りになり優先順位をつけたマネジメントが可能になります。
その上で、経営者とゴールを共有し、何を、どのように、誰が、いつまでに、どの程度改善する必要があるかをプランニングから実行までトータルでサポートしていきます。

100%オーダーメイドの経営支援

経営の成果は最終的に数字に表れます。
数字しか見ないサポートでは成果をだすことはできません。夢先案内人では財務を含めた経営状況をヒアリングや現場観察を通じて把握していきます。

そのような経営状況に合わせてマーケティング、成長戦略立案、収益性改善など最適な課題解決方法をご提案していきます。その上で、経営者とゴールを共有し、何を、どのように、誰が、いつまでに、どの程度改善する必要があるかをプランニングから実行までトータルでサポートしていきます。

部門別オーダーも可能 柔軟なサポート体制

「夢先案内人式 相談役(MAS監査)」は企業の経理・財務・経営戦略のトータルサービスですが、ご依頼内容により各部門単位のサポートにも対応いたします。
経営課題に最適なご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

夢先案内人式 相談役の流れ

MAS 経営支援の流れ1

ヒアリング

ヒアリングをベースに外部環境(市場動向・競合他社)、内部環境(強み・経営管理・組織)を把握していき、課題を確認し整理していきます。

MAS 経営支援の流れ2

財務分析

財務分析により財務面での課題を抽出していきます。

MAS 経営支援の流れ3

経営課題の抽出

ヒアリングと財務分析により、本質的な経営課題を捉え、優先順位の判断をしていきます。
またどんな取り組みによって課題が解決されるかも明らかになります。

MAS 経営支援の流れ4

PDCAサイクル策定

具体的な取り組みとスケジュールをまとめたPDCAサイクルを策定します。

MAS 経営支援の流れ5

実行

策定したPDCAサイクルをベースに一緒に実行していきます。

MAS 経営支援の流れ5

分析・改善

成果が出るまで、分析と改善を繰り返していきます。

夢先案内人式 相談役(MAS監査)では、全体的な経営支援はもちろんのこと、各部門単位のサービスもございます。
ご質問・不明点などお気軽にお問い合わせください。

無料相談受付中

まずはお気軽にお問い合わせください。

株式会社 夢先案内人

055-984-4888

受付時間 9:00-18:00(平日)